トップ > 住まう > 平成22年度

平成22年度

水俣市ではエコハウスモデル事業の建築により「足るを知る」の実現を目指しています。
この独自のノウハウや技術を広めるため、イベントを開催します。

平成22年度に実施した、エコハウス普及推進活動の一部をご紹介します。
  1. 落成式・講演会
  2. セルフビルド事業
  3. 秋のイベント

落成式

   
日時平成22年6月26日 10:00~15:00
場所水俣市月浦台地福祉ニュータウン 水俣エコハウス
主催水俣市
水俣市推進地域協議会
協賛環境省 九州・沖縄環境モデル都市3都市連合

水俣エコハウスで落成式が行われました。
参加者がエコハウスを見学し、説明を受けていました。

1. 開会拶

2. 市長式辞

3. 来賓祝辞

4. 感謝状贈呈

5. 閉会の辞

6. 水俣エコハウス見学

講演会

日時平成22年6月27日 9:30~12:30
場所水俣市総合もやい直しセンター「もやい館」3階ホール

環境モデル都市 九州・沖縄3都市連合のエコハウス講演会が6月27日もやい館で開催されました。(市報8/10号)
福岡県北九州市、沖縄県宮古島市・水俣市がそれぞれの地域の特性を考慮して建てたエコハウスについて事例発表を行ったあと、意見交換会を行いました。

1. 環境省エコハウス事業の概要について

2. 水俣の家作り、エコハウスに関する意義、住民への周知など
講師 延藤 安弘 氏 (愛知産業大学大学院教授)

3. 事例発表:北九州市、宮古島市、水俣市

4. 他都市のエコハウスの取り組み

5. 意見交換

▲Page Top