トップ > 住まう > 平成25年度

平成25年度

平成25度に実施した、エコハウス普及推進活動とその他の利用活動の一部をご紹介します。

  1. 灼熱セミナー
  2. そば打ち体験
  3. 和凧作り体験
  4. 薪ストーブでピザを作ろう

灼熱セミナー

  
日時8月4日 13:30~15:30
主催すまい塾古川設計室㈲
共催水俣芦北建築士会協力会
講師古川 保氏 (すまい塾古川設計室㈲)
参加者18名(一般、エコハウス推進協議会会員、市職員)

毎年恒例の、古川氏を講師に、灼熱セミナーを開催しました。 当日は「灼熱」とは程遠い天候であったため、スライドを中心としたセミナーとなりました。 夏と冬の快適な環境づくりに重要な体感温度のことを知り、エアコン無しで暮らせる家について学びました。

▲Page Top

そば打ち体験

     
日時10月19日 10:00~13:00
主催水俣市
共催水俣芦北建築士会協力会
講師小島 トシエ氏
参加者11名(一般、エコハウス推進協議会会員、市職員)

地元産の材料を使い、ガスではなく釜土を使ってそばを湯がく、昔ながらの作り方でそば打ちを体験しました。 参加者の方々は時折苦戦しながら作業をしていましたが、「そば打ちは難しいけど楽しかった」「おいしかった」との声が多く聞けました。

▲Page Top

和凧作り体験

     
日時12月7日 13:00~16:00
主催水俣市
共催水俣芦北建築士会協力会
講師宮嶋 文男氏
参加者15名(一般、エコハウス推進協議会会員、市職員)

地元産の材料を使用し、大人も子どもも楽しめる昔ながらの遊びを体験しました。
使用する和紙の原料となる楮は、昔水俣の産業として生産が盛んに行われていました。 講師に教えていただきながら飾りつけまで行い、風の強い冬晴れ下、参加者は一心に凧揚げを楽しんでいました。

▲Page Top

薪ストーブでピザを作ろう

     
日時2月16日
主催水俣市
共催水俣芦北建築士会協力会
参加者21名(一般、外国人ボランティア、エコハウス推進協議会会員、市職員)

暖房器具としてだけでなく、遠赤外線で調理器具としても利用できる薪ストーブの良さを体験してもらおうと、ピザ作りを行いました。 生地を作り、ストーブの周りで発酵、伸ばしてトッピング、焼きたての美味しさにあっという間に完食でした。

▲Page Top